クォーツストーンの天板「CAMBRIA(カンブリア)」は最高を求める方へ

カウンター天板

キッチンカウンターの天板としてクォーツ素材を普通に多く見かけるようになりました。

キッチンや洗面、また壁面材として優れた特性と魅力的なデザインのクォーツストーンは個人宅だけでなく商業施設でも幅広く使用されています。

今回は数あるクォーツ天板の中から、米国製のクォーツストーン「CAMBRIA(カンブリア)」についてブランド紹介や商品の特徴をまとめたのでご紹介します。

スポンサーリンク

CAMBRIA(カンブリア) とは


CAMBRIA(カンブリア)は米国クォーツストーン 。

まずはサクッと歴史から。

カンブリア社は2000年にデイビスファミリーがクォーツ事業に参入が始まりです。

商売の歴史は古く1940年代は牛乳などの乳製品を扱っていました。


石英の加工機器を購入する機会が与えられ、そこから石英(クォーツ)天板事業に参入することを決定。

2001年にはミネソタ州ルシュアーに150,000平方フィートの加工施設を開設しました。当時はDuPont(人工大理石で有名な)にスラブを提供するメーカーとして事業を開始します。

その後、2003年に33のユニークなデザインがカンブリアから提供されるとともに、DuPont社との提携を止め独自にカウンタートップメーカーとして歩み始め今日に至ります。

スポンサーリンク

クォーツストーン CAMBRIA(カンブリア) の特徴


CAMBRIA(カンブリア)は石英を使ったクォーツストーンのブランドです。

クォーツストーンと言えば「サイルストーン」や「シーザーストーン」、「フィオレストーン」が日本では有名です。


でもこのCAMBRIA(カンブリア)はそのどのメーカーのクォーツストーンと違います。

一言で言えばカンブリアは『模様が美しいクウォーツ天板』と言えます。


各クォーツストーンのメーカーはそれぞれ特徴があります。「シーザーストーン」ならシンプルでカッコイイとか、「サイルストーン」なら白いマーブル模様が本物の大理石みたいとか。


カンブリア特徴は特有の大柄な大理石調の模様が素敵で柄が大柄なこと。

キッチン天板はそのキッチンドアのイメージと合せてあまり主張しない柄を選びますが、カンブリアはその天板柄がド派手なので、天板をメインにコーディネートすることもあるくらいです。

カンブリアの輸入会社は?


先日キッチン天板を決めにお施主様とカンブリアのショールームに行ってきました。


日本での取り扱い店は㈱ アステックです。

ショールーム概要は以下の通り。

「カンブリア」クォーツストーンショールーム

株式会社アステック

ショールーム住所:東京都港区南麻布2-11-10

行き方:東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪駅」から徒歩6分
    東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番駅」から徒歩10分

Tel:03-6435-4726
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝日

※予約制です

「カンブリア」クォーツストーンの価格は?

そんなCAMBRIA(カンブリア) の価格はいくらぐらいなんでしょう?

人工大理石やクォーツストーンもブランドや柄によって価格は様々ありますが、私がお客様に金額を説明するときには、


カンブリアは、

「コーリアンの一番高いやつの2倍」
「サイルストーンのカラカッタゴールドの1.2倍」
「シーザーストーン プレミアムグレードの1.3倍」ぐらいとお話しています。


各業者によって仕入れの得意・不得意がありますが、当方はクォーツストーン全般、特にカンブリアはお求めやすい価格で提供できていると思っています。

「カンブリア」のシリーズについて


カンブリア クォーツストーンは本国米国だともっと多くの柄・デザインがありますが、日本国内では在庫の問題で【ラグジュアリーシリーズ】【プレミアムシリーズ】【スーペリアシリーズ】の3シリーズとしてまとめられています。


シリーズによって価格はさることながら、板サイズが違うのでアイランドキッチンなどの大きな天板が必要な場合は一枚板でできる大きさが違ってくるので注意が必要です。


詳しくはキッチンメーカー、天板メーカーの担当者にお聞きいただきたいのですが大まかな特徴と価格を以下にまとめましたのでご覧ください。

ラグジュアリーシリーズ 

カンブリア クォーツストーンで最高グレードのシリーズになります。

大柄の流れ模様はこれぞ「カンブリア」。革新的なデザインはアイランドキッチンでひと際映え、インテリアの中心となりえる存在です。

サイズ:3,350mm×1,660mm×板厚20mm
価格・税込:¥550,000/1枚あたり

プレミアムシリーズ

印象的な柄のプレミアムシリーズ。大きなアイランドキッチンに使ってみたい柄NO.1です。

サイズ:3,090mm×1,400mm×板厚20mm
価格・税込:¥440,000/枚あたり

スーペリアシリーズ

カンブリアの中で比較的柄がおとなしいめなのが「スーペリアシリーズ」。一番バリエーションが多くどんなキッチンにも合わせやすいです。

サイズ:3,350mm×1,660mm×板厚20mm
価格・税込:¥330,000/枚あたり


※価格・詳細は2022年3月メーカー公式発表による。

※表示価格はT20mm材のみの価格となります。

まとめ

このブログは『クォーツストーンの天板「CAMBRIA(カンブリア)」は最高を求める方へ』というテーマについて書きました。


いかがでしたか(^^♪

キッチンの天板にもいろいろあるんですね~

こだわりすぎると当然予算オーバーになっちゃいますね。


新築でもリフォームでも今やキッチンは家の中心的存在。


住宅業界絶好調の米国ではキッチンで家の価値が決まるとか?

詳しくはこちらの記事も読んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました