【人造大理石】と【人工大理石】はどう違うの?

IMG_1164-min

キッチン天板に使われる【人工大理石】みなさんはよくご存じだと思います。 しかし、【人造大理石】というものもあります。紛らわしいでしょ。

今回はその違いを説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




人工大理石とは?

人工大理石(じんこうだいりせき)は、今やほとんどのご家庭のキッチン天板で使われている素材です。

皆さんのご家庭のキッチンもそうではないでしょうか。

quartz-stone (2)

「人工大理石」は、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした化学合成材で、大理石の代用品としてキッチンや洗面のカウンターなどに広く使用されています。最近では、銀行の受付カウンターやコンビニのレジカウンター、店舗のディスプレーなどで使われているところを見かけることもあります。

代表的な商品はデュポン社の「コーリアン」(韓国のコリアじゃありません)が有名ですね。

コーリアンは色柄も多く、大抵は国内で製造されているのですが、輸入されている「プライベートコレクション」などは流れる大理石風の面白い柄も多くあります。

メーカーには、国産のクラレや韓国製のスタロンなどのメーカーがありますが、その全てが樹脂の配合による柄になり性能面はほぼ同じです。

人造大理石とは?

人造大理石(じんぞうだいりせき)は、天然の石などを細かく粉砕し樹脂で固めた半人工素材です。人工大理石は、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で、天然石は入っていません。

現在では、人造大理石は「クウォーツストーン」と呼んだりします。それは、入っている石に石英(水晶の元)などが使われているためそのような呼び名が付いたものだと思われます。

quartz-stone (1)

「サイルストーン」や「シーザーストーン」「フィオレストーン」が代表的です。

「サイルストーン」はスペイン、「シーザーストーン」はイタリア、「フィオレストーン」韓国製です。

簡単に言うと人造大理石は、昔キッチンや洗面で使われていた「テラゾー」みたいなものです。

「テラゾー」とは大理石などの砕石とセメントを混練りしたものを塗り付け、固まったのちに表面を研磨・艶出しして仕上げる工法のこと。最近は見なくなりましたね

人造大理石は石が入ってるいるのでとても固いです。キッチンの天板を作るときは45度にカットして接着します。これは専用の工場でないと作れません。かなり難しいです。

【人造大理石】と【人工大理石】の違いは?

  • 価格 → 人造大理石>人工大理石。人造大理石は天然石の価格に近く高額です。
  • デザイン 人造大理石の光沢仕上げの天板を選ぶと御影石のようにとても美しいです。人工大理石は基本マット仕上げになります。
  • 耐久性 人造大理石も人工大理石もそれほど熱に強くはありません。フライパンを火から直接天板に置く場合は、鍋敷きを使いましょう。
  • 施工性 人造大理石は基本的に真っ直ぐなカウンターしかできません。人工大理石はL型キッチンでつないだりR形状な天板をつくることが可能です。

人造大理石と人工大理石わかっていただけたでしょうか。

それぞれの特徴を知っていただき新築やリフォームのキッチンカウンターにお使いください。