【サイルストーン】の特徴とキッチンで使う時の注意点は?

silestone-maker

数年前から、キッチン天板の新素材「クウォーツストーン」をお薦めしています。
人造大理石と呼ぶこともあります。今回は様々なクウォーツストーンのブランドがある中、【サイルストーン】について説明します。

人造大理石の説明は下記を参考に↓

【人造大理石】と【人工大理石】はどう違うの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




サイルストーンの説明

  • サイルストーン(Silestone)は、スペインのコセンティーノ(Cosentino)という会社の商品です。
  • サイルストーンは94%の石英(水晶の素材)と樹脂を混合して加工されています。
  • 使用場所は、キッチン天板、浴室、壁面等の建築用途に使われます。
  • 表面硬度が硬く、色滲みの心配がない製品です。
  • クォーツストーンで唯一、その素材が抗菌処理されており、非常に衛生的に使用できます。
  • 価格は、一般的に天然石の金額と近いものがあります。

コセンティーノ社の紹介ビデオ

この、クウォーツストーンを私たちの業界は、一般的に「人造石」と呼んだり「クウォーツ」と呼んだりしています。

では、一体何故、コーリアンを選ばずサイルストーンを使うのでしょうか。

サイルストーンは、人工大理石の代用品ではなく、御影石の代わり

私は、この様に考えます。

そう、まさにそうです。

御影石や大理石に代わるものとして、お客様にご提案しているのです。

価格は人工代理石と比べると高めの設定ですが、その特徴をみるとうなづけるかもしれません。

サイルストーンの設計価格はこちら↓

【サイルストーン】でつくるキッチンカウンターの設計価格が知りたい

特徴は6つある

次にサイルストーンの特徴は、以下のとおりとなります。

  1. 色ムラ、ロット違いがない(天然石は、サンプル材と違う色柄のものが納品される恐れがある。)
  2. 長い天板が可能(天然石は、そのスラブ材(原石)の大きさにより、2メートルが最長)。サイルストーンは、標準サイズで3,060㎜×1,400㎜、ラージサイズで 3,250㎜×1,590㎜の大きなカウンターサイズが製作可能。
  3. 搬入・施工が楽(御影石の約半分の重量なので、納品時、特に2階以上に搬入する場合は、無理なく施工できます)
  4. 表面の光沢は、美しい
  5. 大理石調の白いカウンターも製作可能(一般的に、キッチンに大理石は向きません。それは、キッチンでは、酢などの酸性や洗剤などのアルカリ性等にハードに酷使されるからです。大理石はその酸に弱く、長期使用時にはその表面が、変色したり光沢がなくなります)
  6. 50種類の色柄がある(2016年4月時点)

サイルストーン使用時の注意点

ただ、このサイルストーンなどのクウォーツストーン、万能ではありません。

私が一点気になるところがあります。

それは、カウンターのつなぎ目部分です。

IMG00037-min

基本的に人工大理石と違い、石に近い素材なので、L型キッチンなどそのジョイント部分は写真のようなつなぎ目がでます。

その部分は、水などが入らないよう目地を防水シールはしますが、あまり美しいものではありませんね。
これは、天然石の天板でもいえることなので、仕方ないこととあきらめましょう。

また、人工大理石と同じ難燃材です。コンロ前の壁面には貼れませんので注意してください。(コンロ前に貼れるデクトンと言う商品もあるようです)

それ以外では、クウォーツストーンそしてサイルストーンは、魅力あるキッチン天板のスーパー素材ですね。