【デュポンコーリアン】の人工大理石!他では真似できない新柄を紹介

キッチンカウンターで日々お世話になっている高級人工大理石「デュポンコーリアン」。価格の安い「モデスト」や国産のものや、クウォーツストーンの人気が上がっているなか、デュポンも個性的なカラーの人工大理石を登場させてきました。

今回新発売されたものは、プライベートコレクションの「アロールート」「タンブルウィード」「スターダスト」の3種です。

それと一昨年に発売されてお気に入りの「サフラン」「シーフォーム」「セージ」「ソレル」「バジル」「ヘーゼルナッツ」「アース」の7色を紹介し、それぞれの特徴を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




デュポンコーリアンの10の新柄

コーリアン スターダスト(TS)

コーリアン スターダストは、スモークグレーマイカのベースに、色が付いたパールとソフトブルーの斑点がちりばめられています。まさしく「スターダスト」

corian-color-2016 (9)

コーリアン アロールート(JB)

この人工大理石は画像では見えにくいですが、クウォーツストーンのように透明な粒がたくさん入っていてとても綺麗です。粒は当然石ではなく樹脂です。

コーリアンの柄の中でも新しい傾向になるのではないでしょうか。

corian-color-2016-(11)

コーリアン タンブルウィード(AW)

ウェーブ状のベージュを基調とした柄の中に、透光性の粒子が一面に配置され茶色と暖かいベージュベースの人工代理石です。

corian-color-2016 (2)

コーリアン サフラン(GX)

黄色い大理石っていう感じです。大きめの淡い粒と温もりのある流れ模様が特徴。この流れ模様は華やいだ印象をもたらしますが、さてどんな色の扉を合わせいくかじっくり検討が必要かも。

corian-color-2016 (5)

コーリアン シーフォーム(SF)

写真では見えにくいかもしれませんが、淡い水色に白色の流れ模様がの人工大理石。艶消しの泡のように見えるので「シーフォーム」のネーミングが。優しい色柄なのでホワイトだけでなくグリーンのキッチンに合わせてみたいです。

corian-color-2016-(12)

コーリアン セージ(AH)

流したコンクリーのような流れ模様。RC打っぱなしのイメージです。無機質やブラックなキッチンに合いそうです。大きな半透明の粒は砂利に見立てているのでしょうか。今までにない人工大理石です。

corian-color-2016 (3)

コーリアン ソレル(MJ)

グレーと茶色がベースの流れ模様に、シルバー色を混ぜ合わせました。メタリックなキッチン素材との相性も抜群です。といってメタリックなキッチンはそうありませんが、男のキッチンというやつでしょうか。

corian-color-2016 (8)

コーリアン バジル(JZ)

錆色というやつです。よく言えばゴールドメタリック。どうしても道路に敷いてある鉄板に見えるのは私だけ?

corian-color-2016 (7)

コーリアン ヘーゼルナッツ(JC)

嵐の流れの中に大きめのグレーの斑点をあしらった「ヘーゼルナッツ」。見方によっては和風にも見えます。真っ白なピアノ塗装のモダンキッチンで提案してみたいです。

corian-color-2016 (4)

コーリアン アース(AE)

深い焦げ茶色のベースに微妙な粒の流れ模様の人工大理石。これは十分に合わせやすいキッチンカウンターになりえます。ベージュの鏡面の面材や赤色の面材も面白いかもしれません。

corian-color-2016-(10)

以上の10つの新色はいかがだったでしょうか。

既存の色柄にない飛んだカラーが多いですね。それもぶっ飛んだ感じ。

それぞれ個性的でコーディネート力が試されますが是非チャレンジしてみたいですね。

実例のキッチンが完成しましたら、またブログにUPしたいと思います。