アメリカの住宅はキッチンがいいと高く売れる!アメリカの不動産事情

luxury-house-2

アメリカ人は住宅をリモデル(リフォーム)するのが大好きです。

部屋の壁をペンキで塗り替えるシーンはドラマや映画の中のシーンによく登場します。

皆さんも一度は見たことがあるのではないのでしょうか?

今回はアメリカの住宅(不動産)でキッチンがとても重要な役割を果たしているというお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




キッチンで決まるアメリカの新築・中古住宅

アメリカでは、新築よりよく手入れがされた中古物件の方が高額になるって聞いた事はありませんか。

住宅をリフォームする時に、豪華なアイランド付きのキッチンに入れ替えることは住宅の資産価値を上げるのに効果的なことを皆が知っているからです。

考えてみてください。

中古物件物件を購入するときに当然立地や間取りは重要ですが、その家自体の価値はいかほどかと。

例えば、不動産会社の営業マンと売り物件を見学に行ったとします。

部屋には家具やテレビ・ラグ、カーテンもなく殺風景ですね。

では、一番目につくものと言えば・・・。

そうキッチンです。

キッチンの良し悪しが中古住宅購入に重要な決め手になります。

luxury-kitchen-2

出展:http://designingidea.com

見渡すと10帖以上の広さで中心にドカ~ンと大きな存在感がある大理石がのったアイランドがあってごらんなさい。

家族一緒に料理、近所の方や取引先を招いてのパーティ、クリスマス、お料理教室などなどキッチンの重要性をがわかるでしょう。

アメリカのキッチンデザインはそのようなライフスタイルをもとにデザインされているのです。

(日本でも家賃月100万円以上の外人賃貸物件に多数携わってきましたが、キッチンデザインには時間と予算をつぎ込みました)

日本では、住宅事情もありますがキッチンは何かとコンパクトになっています。

I型キッチンの多いこと。

それも、リビングからは見えない位置で閉鎖的なものも多いですね。

そんな日本のキッチンの中古物件に於ける価値はゼロに等しいかも。

日本では、築年数が多くなると悲しいことですが評価はどんどん下がっていきます。

しかしアメリカでは、評価価値はそれほど大きくは下がらないので、その家の歴史とか様式とか付加価値に査定が付きます。

アメリカではキッチンは家具として扱われますので、キッチンが家具らしくあるほど(アンティークなデザインやトラディショナルなデザインなど)貴重で価値があるのです。

こちらも参考に↓

キッチンは家具であり設備ではない|これ世界の常識

アメリカでのキッチンのオーダー方法

アメリカではキッチンは、フリーのキッチンデザイナーがいてキッチンにこだわるオーナーは、デザイナー料を支払ってプランニング・発注・取り付けまで一括して依頼します。

そう、「キッチンデザイナー」という職業が成り立っています。

キッチンデザイナーは、オーナーの予算・要望をヒアリングし、数あるキッチンブランドの中から数社をオーナーに提案しその中からベストのものを決めます。

デザイナーは、デザインするだけでなく、取り付け工事の全般に責任を持ち、施主の代わりに現場に行き、建物の現場監督や水道業者・電気業者などと打ち合わせをし、施主から委託されたキッチンが完璧に仕上がるよう管理もします。

フリーの有名キッチンデザイナーはその仕事だけで十分生計がたてられ、そのキッチンは作品として認められています。

日本では、キッチンを頼もうとすると大概がキッチンメーカーの社員さんや派遣契約のスタッフの方で、ショールームで無料のキッチンプランをしてもらって、出てくるプランはデザインされたものとは程遠く、自社の決められたCADソフトに入力するだけの仕事にすぎません。

そして自社製品を売り込むだけのありきたりなプランであり、フルオーダー品ではなくカタログの規格品をオーナーの住宅に当てはめただけのパッケージデザインになっているのが実情です。

コーディーネーター/プランナーも現場に行ったこともなく(あるいは少なく)、キッチンがどの様に取りつけられるのかも知らず、他社製品の知識もないスタッフがキッチンを提案しているのは残念です。

住宅の考え方・キッチンの考え方が違うとはいえ、早く欧米に追いつき安く・永く使えるキッチンが日本でもっと普及することを望みます。

こちらも読んでください↓