継ぎ目のないシンク-Integlity|サイルストーンから新登場

先日のCOMOシンクの廃業の余波で、代替えのホワイトシンクを探していましたが、先日コセンティーノ(人造大理石で有名なサイルストーンのメーカー)のスタッフの方と話す機会がありその話題の中で、「自社にも継ぎ目のないシンクシンクがある事」とPRされ興味を持ちました。

以前より、サイルストーンのシンクは日本でも発売されていたのは知っていたのですが、今一つピンと来なかったので私の記憶の中から遠ざかっていました。

新しいコセンティーノ社のシンクは-インテグリティ(Integlity)。

インテグリティとは「正直」とか「清廉」といった意味で「サイルストーンでできた一体型シンク」「全く継ぎ目のないデザイン」が特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




継ぎ目のないシンク-Integlityとは

【継ぎ目のないシンク-Integlity】はどういうものなのかというと、キッチン天板で使用するサイルストーンでできたシンクのことです。

この現代的なシンクは直線的なストライプが特徴で、シンプルさと美しさを追求するユーザーに最適な選択肢です。

そして、その曲線的な輪郭と流れるようなデザインで、キッチンのオリジナリティを愛する方に最適な選択肢です

詳しくは、こちらを参考に↓

メーカーのPR説明はこんなです。

最高のキッチンを求める人々のための新しいソリューション。インテグリティはサイルストーンの全ての利点を組み合わせた革新的な新製品です。

インテグリティはキッチンに要求される美しさを完璧に実現し、あらゆる面で調和をもたらします。
クォーツ一体成型シンクによって驚くべき一体感が生まれます。

ワークトップとシンクの
デザインが統一され、全く継ぎ目のないデザインを実現しました。

この【継ぎ目のないシンク-Integlity】には「インテグリティ・ワン」「インテグリティ・デューL」「インテグリティ・デューS」「インテグリティー・XL」「インテグリティー・トップ」の5つのモデルがあります。

インテグリティ・ワン

「インテグリティ・ワン」は統一感を定義するモデルで、サイズは41 x 51 x 15.5 cmで一体成型されたシングルシンクでシングルシンクに最適です。

インテグリティ・デュー

「インテグリティ・デュー」には2つのサイズがあります。

「インテグリティ・デューS」は37 x 34 x 15.5cm。

「インテグリティ・デューL」は37 x 51x 15.5cm

この2つのシンクを使ってダブルシンクにすると最適です。

インテグリティ・XL

「インテグリティ・XL」の大きさは43.5x67x21cmの大型のシンク。

外国では、店舗やバーなどで使われています。(実は今回訪問の目的はこのインテグリティー・XLだったのです)

インテグリティ・トップ

「インテグリティ・トップ」の大きさは37x51x15.5 cmのシンク。

シンクがカウンターの上に設置するオーバータイプです。主にアメリカで使用されます。

_

インテグリティ・XL

新宿OZONのコセンティーノのショールームに来ています。

型で白い美しいシンクがありました。

展示されているインテグリティ・XLの、43.5x67x21cmのサイズは国産の一般的なステンレスや人工大理石シンクとほぼ同じ大きさ。

メーカーでは大型シンクと言っていますけど、国産シンクに比べたら格別大きくもないです。普通です。

カウンターとシンクの境目には本当に継ぎ目がありません。なだらかです。

最近の国産キッチンでよく使用される人工大理石大理石シンクよりカッコイイです。

それに、シンク自体が硬いサイルストーン素材なので、人工大理石シンクの短所である汚れも付きにくいそうです。

ただ、難を言えばシンク底の隅が直角に近く、この部分に汚れが残りやすく掃除がしにくいのかな?と心配します。

人工大理石シンクの記事↓

シンク本体の側面にはInteglityの文字。

しっかり、発砲系の断熱材も貼ってあります。

排水口はステンレス仕上げで高級感はありますが、国産シンクの排水口と違ってずいぶん小振りです。

排水口の蓋は写真のように手で持ち上がります。

ゴミ受け皿も小さいですが必要最低限かなと思いますし、ゴミがすぐ直視でき簡単に掃除がし易いと思います。

日本のシンクのゴミ受け皿は、大きく深いので放っておくとヌメヌメになってしまって、掃除も億劫になります。

シンク-Integlityの感想

サイルストーンのシンク-Integlityの感想として、特長は継ぎ目がないことが最大の売りなので、

長所として、

・見た目がよい

・汚れ難い

・掃除がし易い

・ゴミ受けがシンプルで掃除しやすい

短所というと、

・シンク隅の掃除がし難い

・洗剤ポケットがない

・ゴミ受けの目が粗い

・まな板や水切りプレートのオプションがない

・価格が高い

一般的にキッチンについて望むものと言えば・・・一番は「掃除がし易い」ではないでしょうか?

そういう視点からすると、サイルストーンのシンクは「買い」だといえます。