食器洗い機に不満あり?実情と問題点とは?

dishwasher

キッチンで身近になった「食器洗い機」ですがまだまだ一般的とは言えないかもしれません。

我が家でも食器洗い機のは新築の折購入して大活躍?と言いたいところですが、やはりそれなりに不満があります。

住宅を引き渡ししたお客様も「持っているけど使っていない」「期待はずれ」なんて意見を耳にすることもあります。

それでは実際に食器洗い機を実際に使っている人の利用状況や不満点はどのようなものなのかを検証していきます。

スポンサーリンク

食器洗い機の所有率と利用率

さて、その食器洗い機の所有率と利用率はどうなっているのでしょうか。

食器洗い機の所有率

最近の新築一戸建てや新築マンションで食器洗い機が標準設置されることが多くなって普及が進んでいますがオプション設定の場合もあり必ず装備してあるわけではないのです。

実際のところ、日本の食器洗い機の普及率はおよそ4割程度で洗濯機や掃除機のように「どこの家庭にもある」とは言いがたい状況です。

こんな状況で日本は食器洗い機後進国と言われているのです。

食器洗い機の利用率

食器洗い機の利用率は3割と言われています。

我が家の食器洗い機の利用頻度は1日1回で夕食を済ませた後、食器を入れスイッチを入れ就寝するといった形で、朝には綺麗に乾燥していてその食器をを取り出し朝食や昼食に使うといったやり方です。

一日の使用回数で多いのは一日に2回使用が多いようで朝昼晩と3回使用される方もいらっしゃいますし所有者の6割はほぼ毎日使用しているとの調査結果もあります。

各家庭内で専業主婦主婦の方、共働きの方、独身の方、子供がいる方などそのライフスタイルによっても違ってくるでしょう。

特に共働き世帯の場合は、奥様もご主人も帰宅が遅い場合夕食後の食器の片付けなどに時間をかけられなにので食洗機なしの生活は考えられないでしょう。

食器洗い機の不満点

「食器洗い機がなくてもいい」とおっしゃる方も確かに多くいらっしゃいます。

その様な方もは食器洗い機をまだ使ったことがない方、現在食器洗い機が設置済みの方、過去食器洗い機を使われたことがある方の意見をまとめました。

■食器洗い機を使わない理由

  • 手で洗った方が早い
  • 手で洗った方が綺麗になる
  • 食器が入らない
  • 大きな食器が入れにくい
  • 洗えない食器がある
  • 一度にたくさんの食器が洗えない
  • 食器乾燥機のみで満足
  • 食器の量が少ない
  • 食洗機では落ちない気がする
  • 設置場所がない
  • 導入にコストがかかる

以上のような意見がでました。

確かに少量の食器であれば手で洗った方が早いと言った意見もうなづけますし、ビルトイン食器洗い機はおよそ20万円台~と高額ですし、故障したらまた修理費用もかかりますしね。

食器洗い機の満足度

食器洗い機の満足度はと言うと「時間の節約」「食器がピカピカになる」「水道代が節約できる」などの理由で大半は満足していることも言われています。

但し、使用している食洗機壊れて買い替える事になった場合、また買い替えるかという質問に対して「是非とも購入したい」「多分購入したい」と答えた方は45%にとどまるといったデータもあります。

買い替え需要について

ここ我が家のミーレも購入して16年がたち(まだ現役なのですが)将来入れ替えるかと考えるとその選択は皆無に等しいかもしれません。

ミーレの食器洗い機に決して満足していないわけではないのですが、20年も経つとライフスタイルも変わり、子供らも家から出て行ったりで家族構成も変わるかもしれません。

また入れ替え費用も30万円近くと高額(ドイツでは15万円程度で入れ替えできますが)なので食器洗い機にそんなに費用をつぎ込む予算はないかもしれません。

洗濯機程度の費用なら良いのですがね。

という訳で日本の食器洗い機の所有率は上がるかもしれませんが買い替え率は差ほど上がらないように思います。