【輸入キッチン機器】懐かしいロジェールのガスオーブンは今見ても可愛い

【輸入キッチン機器】のロジェールはフランスのビルトイン機器メーカーです。日本では以前東京ガスが輸入販売をしていたのですが、現在は取り扱いを止めそれ以来国内では見なくなっていきました。

当時古いガス湯沸かし器の故障での一酸化中毒死などでガス機器に対する法律が厳しくなり、ガスコンロでいえば五徳部分に立ち消え防止センサーのメーカー設置義務などにより海外のガスコンロ・機器は輸入販売されなくなりました。

スポンサーリンク

ロジェールはフランスの輸入キッチン機器メーカー

ロジェールはフランス最大級のビルトインキッチンメーカーで、ガスクッカー・オーブンの他、IHクッカーレンジフード、冷蔵庫も販売しています。

外観デザインは今風のドイツやイタリアデザインに見られるステンレスフェイスのシンプルで合理的なデザインであり、ヨーロピアントレンドを意識したものです。

機能面では食の都「パリ」の有名シェフ推奨の、おいしい料理を作る工夫が各機器に込められています。

人気のあったロジェールのオーブン

輸入家電キッチン機器で人気のあったロジェールのレトロデザインのオーブンは60㎝幅のスタンディング式のガスオーブンです。

スタンディング式とはキッチンキャビネットをオーブンの寸法分を開けておいて、置き式の機器をそのまま床に置いて使う方法です。

火元は4つ口で何とガラスの蓋がついていました。このガラスの蓋 使用する時は上に開け、使わない時は閉める。急な来客時、五徳周りが汚れている時には蓋を閉じればきたないコンロを見られることもありません。

もちろん黒い五徳は取り外して掃除ができます。まわりは白いホーロー仕上げでした。

オーブンはフルサイズ。プレートは2枚付属でクッキーも一度に焼け、パンやケーキ、大きなローストチキンも作った方も多くいらっしゃるかと思います。

オーブン庫の下には大きな引き出しがついていて、未使用のオーブンプレートなども収納できました。

操作ダイヤルはホワイトのもの。押し回しで着火だったかな?

4つの火元にそれぞれダイヤルとオーブン用のタイマーと温度調整ダイヤルがレトロカワイイと思いませんか?

このようなスタンディング式ガスオーブンはアメリカなどの海外では現在も多数販売・使用されています。機器はホームセンターで売られており、自宅のオーブンが壊れたときはすぐさま買ってきて自分でも簡単に交換できるのでとても合理的なキッチン機器といえますね。

日本だと業務用しかないのが残念です。