【アレスタ】リクシルの新しいキッチンの特徴を紹介します

国内の大手住設メーカー「リクシル」のネーミングも定着してきました。今回はリクシルの新しいキッチンシリーズ「アレスタ/Alesta」を紹介していきますね。

その前にリクシルってINAXとトステムとサンウェーブが2015年に合併してできた会社って知っていましたか?システムキッチンもそれぞれ各自で販売していたのですが、合併後にリクシルブランドに一本化されました。

スポンサーリンク

リクシル「アレスタ」キッチンの特徴

国産のキッチンはリクシルでもクリップでもトクラスでもネームタグが付いてないとどこのメーカーだか分からないとおっしゃらないでください。

各メーカーとも様々な工夫がなされ機能的なキッチンに仕上がっています。

では「アレスタ」の特徴をみていきましょう。

コンセプト

キッチンの作業性・効率を追求。よく使う道具をスムーズに取り出せたり、使う人の動きや手際のよい作業をサポートできるキッチン をコンセプトに開発しました。

ダブルサポートシンク

幅の広いダブルサポートシンク。これがこのアレスタのシンクの特徴です。大手メーカーのシンクといえば人工大理石シンクが一般的でした。

「関連情報」

打ち合わせをしていると、先方のコーディネーターから「トクラス」同等のキッチンでって話があります。 あ~あのパステル色シンクの...

それが、オーダーキッチン界では10年前から使われ始めていた中段に縁があるステンレス3Dシンク系のシンクをオリジナルで搭載しています。

このステンレス製ダブルサポートシンクは、様々なプレートや水切り棚等のオプションを使用して、調理と片付けを一度にこなせる機能的なシンクです。(グレードでは人工大理石のシンクも選べます)

プロの目:この機能性シンクは一見使いやすそうだが、この様々なオプション品を使用後に洗うのが手間がかかりそう。そしてシンク下のキャビネットに入れておいたらごちゃ混ぜになる。

シンク内に各プレートを置くための縁があるがここに水が溜まり汚れやすいかも。

形はシンプルでコンパクトなシンクが掃除のプロからしたらよいと思うが。

排水

この、シンクは独自の底面形状と段差で、シンク奥の段差に向けて汚れやゴミをスムーズに洗い流せ、水はそのまま効率よく排水口へと流すことが出来ます。

ハンズフリー水栓

ハンズフリー水栓の草分け的存在と言えばリクシルの「ナビッシュ」。

それを「アレスタ」に設定してきたのですね。汚れたり塗れたりした手で水栓のレバーを押さなくでも手をかざすだけでセンサーで感知し水を出したり止めたりできます。本当にこれ便利です。

プロの目:「この間のように台風で停電になってしまったら水は出なくなるの?」

安心してください。停電で電気が止まっても通常の水栓のようにレバーハンドルで水道水を出したり止めたりできます。

アシストポケット

よく使うものほど取り出しやすいアシストポケットが、引き出し内部を立体的に活用できます。収納量を高め道具の取り出しやすさも向上し、容量と取り出しやすさが両立した収納の完成です。

引出し内部を立体的に活用することで収納量を高めるとともに、道具の取り出しやすさも向上しました。大容量と取り出しやすさを両立した料理がはかどる収納です。

リクシル「アレスタ」のドアデザイン

キッチンは、扉のデザインとカラーによって、印象がガラッと変わります。インテリアに心地よく溶け込む木目のクラシカルな扉から、単色扉の最新トレンドスタイルまで、46種類の扉と11種類の取手のセレクトにより幅広いスタイルへの対応が可能です。

リクシル「アレスタ」の価格帯は?

それでは、このとっても使いやすいアレスタの価格はどのくらいかと言いますと、670,000円~1,396,500円。(※主要サイズ:間口255cm・奥行き65cm)

2メートル55センチの一般的I型キッチンが67万円からなんて、これ結構お買い得ではないでしょうか。但し、上記の多機能なオプション品が加わってくると100万円以上になりそうです。

リクシル「アレスタ」キッチンの評価

キッチンのプロからするとよくぞこの価格でこれだけの機能をしっかり詰め込んできたって感じです。価格も納得いくものでしょう。

今一番新しく、使いやすい最新機能がぎっしり詰まったリクシル「アレスタ」キッチン。

是非ともショールームで実物を確認し、機能についてはスタッフの方に更に詳しくお聞きください。

「関連情報」

リクシルのキッチン「アレスタ」。てきぱきと流れるように作業が進み、必要な道具はすぐに手が届く。たまらなく使い心地のよい最新型のキッチンです。