ipad Pro9.7を使ってデザインすると仕事がとても捗った

ipad_pro9.7 (6)

本日発売された新型iPad『9.7インチiPad Pro』を勢いで買ってしまいました。予約時にiPad+smart keyboard を注文したのですが、発売当時キーボードの入荷台数が極端に少なくて、手元に入ったのが4月17日。

なぜ、通常のiPadよりお高めのiPad Proを購入しかたと言うと、外出時にiPad上で簡単なキッチンのレイアウトをデザインしたり、キーボードでちょっとした文章が書けるのではと思ったのです。

皆さんご存知のようにiPad Proには12.9インチの大きなサイズもあるのですが、こちらのサイズは大きすぎて外出用には向きませんね。

スポンサーリンク

キッチンラフ図をおよそ30分で書けてしまうiPad Pro9.7インチ

本来なら、ペンもApple Pencilを購入したかったのですが、iPadとキーボード、アップルケアも入れて10万近くになったので、とりあえずペンは家にあったAdonit Jot Proで使ってみます。

Adonit Jot Proを使っても書けないことはないです。ただApple Pencilの方がすらすらと書きやすく、画面に手を置いて書いても問題ないところは秀でていますね。

簡単なキッチンイメージをサラサラと書いてみました。紙で書くのと違って慣れないせいか、結構手間取り30分ぐらいもかかってしまいました。

ただiPadで描いたものは、色付けしたり、メールですぐ送ったり、修正も簡単にできます。出先や家でも書けるところに期待しています。

ipadProはSmart Keyboardと相性がよくピッタリくる

キーボードはと言うと、さすがアップル純正キーボードなのでピタッときます。

ipad_pro9.7 (5)

12.9インチのiPad Proと同じような、9.7インチ専用のSmart Keyboardは画面にあわせてコンパクト。ただし、USキーボードなので配列の違いに慣れることが必要です。

端末に合わせたサイズなので、小さくてキーが打ちにくいのではと心配していましたが、この程度であれば問題なし。外でそれ程の長文を打つことは仕事柄ないと思いますので。

ipad_pro9.7 (4)

キーボードと画面の角度もナイスです。

使わない時はiPadカバーとしての役割も果たすので一石二鳥。

ipad_pro9.7 (2)

画面をもっても落ちない

それとiPadとSmart Keyboardは磁石でついているのですが、その磁石は結構な強さがあります。

作業中にiPadを持って移動することは多々あると思いますが、別に落下するようなことはないようです。(キーボードが意外と重量があるのでちょっと心配でした)

ipad_pro9.7 (3)

iPad Pro仕事で使ってわかってたけど不満なところ

不満なところもあります。わかっていたけれどそれは重量。iPad Pro9.7は437 g(Wifiモデルなので)。

それにSmart Keyboard 340gをあわせると777gになります。意外とキーボードが重くせっかく軽いiPadが倍近く重くなるなんてちょっとですね。最近発売されたMacbookは920g。仕方がないですが使いたおします。

それとappleによると、iPhone、iPadの買い替え寿命は3年、MacBookなどのPCの寿命は4年とインターネットの記事にでていました。意外と短い気がするのですが皆さんどう思われますか?

出展:アップルが想定するiPhoneの使用年数

スポンサーリンク

シェアする