なぜキッチンの天板は大理石ではなく御影石を使うのか?

granite-worktop-kitchen (1)

天然石を使ったシステムキッチンって憧れますよね。
人工大理石やクウォーツストーンも良いですが 所詮偽物の人工物です。

御影石や大理石のキッチンといえばそれはアメリカキッチンのイメージですが、ここ日本では御影石のキッチン天板はありますが、大理石のキッチン天板のはほとんど聞かないですよね。

自分もそうなんですが、ほとんどお客様に大理石の天板は販売しておりません。天然石の天板にしたいと相談があれば決まって御影石をおすすめしてます。

それではどうして、アメリカでは良くて日本はだめなんでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




大理石とは?

アメリカで良くて日本でだめな大理石。

その理由を説明する前に、そもそも大理石とはどんな石なのでしょうか?

大理石を簡単に言うと↓

炭酸カルシウムを主成分とする岩石を「石灰岩」で、その石灰石が地中の熱によって熱変成を受け再結晶化したものを大理石(Marble)と呼んでいます

御影石とは?

granite-worktop-kitchen (2)

御影石とは、地質学的にいえば花崗岩のことです。

ではなぜ御影石と言うかというと、昔、兵庫県神戸市の御影町(阪急神戸線に御影駅があります)で多く取れたことから、花崗岩を「御影石」と呼ぶようになったと言われています。
御影石は耐久性に優れた石材として、建物の床や壁に多く使われています。お墓の石も御影石ですね。

アメリカでキッチン天板に大理石が多く使われる理由

こちらは私の個人的な意見ですが、5点の理由があると思います。

①大理石の価格が安い?

材料である大理石の価格がアメリカでは安いと聞きます。それと加工費用も。

日本の石材の多くは岐阜の会社が占めています。大理石はほとんどが輸入品。それを岐阜で加工し、日本各地に送ります。その辺の人件費・輸送費もコスト上昇の原因でしょうか。

大型マンション等で御影石を大量に使う場合などは、中国で加工することも多いですが、最近は、中国でも人件費が上がって以前よりもコストが上がっているようです。

②お金持ちが多い

これは間違いないでしょう。日本とはけた違いのお金持ちが・・・

③見栄っ張り?

確かに大理石のキッチンカウンターは綺麗ですよね。それといかにも高級キッチンだと一目でわかります。これ大事ですよね。

④色がきれい

大理石の色は、ホワイトやベージュ、そして流れ模様など女性的な美しい石が多いです。一方、御影石は、男性的で黒系の強い色が多いですね。キッチンはどちらかと言えば、女性的なデザインが多いのでやはり大理石が好まれる理由かもしれません。

⑤クレームにならない?

本質はこれです。アメリカで良くて日本でダメな理由。それはクレームです。

大理石キッチンのデメリットとは?

先にも述べたように大理石のカウンターは石灰石なので、酸やアルカリに弱いです。

キッチンでは、お酢や洗剤など酸性・アルカリ性の液体は日々使いますね。

大理石の天板にお酢や洗剤が残ったまま放置しておくと、化学反応を起こし大理石天板の表面を溶かし、ピカピカで綺麗だった表面はつやがなくなり、ザラザラになる場合も。

そして、それは折角のお気に入りのキッチンにショックを受けたお客様の気持ちを台無しにすることもあります。

では、アメリカはと言うと、キッチン天板に少しぐらい傷がついたって気にしません。そこのところが、日本とアメリカのクレームの差です。

よって、キッチンで天然石を使いたい場合は、御影石にしておきましょう。

美しい大理石のキッチン紹介はこちら↓