ダイソンのコードレス掃除機V8の使い勝手と感想

人気のコードレス掃除機のダイソンV8 Fluffyを購入し前機種V6と比べて良くなったところをレポートします。

V8シリーズはV6シリーズより最新のモーターと新しいバッテリーなったことにより、ゴミの吸引力アップと稼働時間の延長、そして大幅な運転音の改善も実現されています。

近所のヤマダ電機でV6で5万円程度、V8が6万円程度の表示価格でした。

しかし、結局買ったのは他の家電販売店で値引き交渉の結果、5年保証付きで満足価格でお買い上げ。

V6シリーズもかなり安く価格提示をしてもらったのですが、現在使っている置き型のDC46の代りとして使用したいので新型のV8にしました。

ダイソンDC46掃除の故障についての記事も参考にしてください↓

ダイソンの掃除機の故障の報告です。 テレビCMでもよく流れているダイソンの掃除機。 あこがれの掃除機ですよね。 ...
スポンサーリンク

ダイソン コードレス掃除機V8の良くなった所

ダイソンのコードレス掃除機がV6からV8シリーズになって良くなったところを簡単に説明します。

私がV8シリーズを購入する上で重要視したことは以下の3点です。

吸引力が15%向上

新しいダイソンの掃除機V8はデジタルモーターを搭載したことにより、吸引力が15%向上しています。

基本的にV6の吸引力でも充分事足りるのですが、ダイソンの歌い文句である吸引力の高さが更にアップすることは、嬉しい限りです。

運転時間の延長

V6シリーズでは最長20分だった運転時間が、最長40分間まで延長しました。

この事がV8シリーズを選んだ一番の動機になります。

V6シリーズのバッテリーは、ニッケルマンガンコバルトバッテリーで最長20分程度の使用が化可能。

V8はリチウムイオンバッテリーを搭載して最長40分程度の使用が可能です。(メーカー仕様表による)

吸引力がアップしてバッテリー使用時間が2倍になって、実質販売価格は1万円程度アップなら新しいV8を購入するのが正解でしょう。

ダイソン社の調査では一般家庭のほとんどが40分以内に掃除を終えているらしいのですが、当家では朝夕に掃除機をかけるので、最長20分程度であれば短すぎ。

また、新品時には長かったバッテリー使用時間も1年を過ぎるあたりで、短くなることも考えられるので長い稼働時間能力は必須です。

スマホだってそうでしょ!?

運転音が50%も低減で静かに

ダイソン掃除機を使っていての一番の困りものは、その運転音の大きさでした。

現在使っている置き型のDC46は、強烈な音がします。

休みの朝に掃除機をかけようものなら家族みんなが飛び起きる騒程の騒音で、深夜の掃除は当然不可能と言っても過言ではありません。(大きな一戸建ての家なら良いのですが・・)

ダイソンV8 Fluffyのヘッドについて

ダイソンのコードレス掃除機の正式名称はV8 Fluffy。

ちなみにFluffyとは(ふわふわ)という意味で、ヘッドの”ソフトローラークリーナーヘッド”がフェルトで出来ていて柔らかい所からネーミングされています。

ヘッド部の”ソフトローラー・クリーナーヘッド”は、ナイロン製のフェルトで覆われれローラーが大きなゴミを捕らえます。

そして静電気の発生を抑えるようで、細かなホコリを取りも十分にとれるようです。

付属の交換用ヘッドは「コンビネーションノズル」「隙間ノズル」「ミニ モーターヘッド」の3つ。

側面には透明なプラスチックカバーが付いています。

裏面のナイロン製フェルトローラーはふわふわ。

同梱のアタッチメントヘッドです。

左から「ミニ モーターヘッド」「コンビネーションノズル」「隙間ノズル」。

「ミニ モーターヘッド」は小型のヘッド。

モーターの力でブラシを強力に回転させ、ソファや車のシートに付いたしたペットの毛や繊維も取り除くことができます。家では布団用にしてます。

「コンビネーションノズル」は先端にブラシがついているので、サッシのレール部分でゴミをかき取ったり、パソコンのキーボードなど凸凹しているところで使います。ブラシは引っ込めることができます。

「隙間ノズル」は冷蔵庫や家具などの狭い箇所の掃除用ですね。これも便利なアクセサリーです。

ダイソンV8の操作モードとバッテリー

操作モードは強弱が選べますが、我が家では通常モード(弱モード)で十分に床が綺麗になります。

音も静かで、バッテリーの持ちもいいです。

ダイソンコードレス掃除機のゴミ捨の捨て方

このダイソンコードレス掃除機ですがゴミ捨てにコツがいるようです。

説明書を見てみると上部の赤いハンドルを引っ張ると、パカッと下の透明なカバーが開きます。(この事については後日レポートできればと思います)

バッテリー充電について

そしてバッテリーの充電について。

青いLEDの点灯で充電状態がわかります。

当家ではライトが一つになった時に充電しています。

バッテリーの寿命は2~3年で交換が必要です。

バッテリーの価格は、正規品で1万円程度とのことです。

感想

このコードレス掃除機V8と以前使用していた床置き式の掃除機ダイソンDC46と比べると、圧倒的にV8掃除機が優れています。

軽くて、コンパクトで、音も静かなこのV8掃除機を買って奥様もご満悦。昼夜問わず使っています。

私の心配は耐久性。2~3年以内に掃除機本体が壊れなければいいのですが。
ただただそこが心配です。

「関連記事」

家で使っているダイソンの掃除機V8のモーターヘッド(ソフトローラークリーナーヘッド)を分解掃除してみました。ダイソンのコードレス掃除機はまことに軽く床に汚れをみつけましたらサッと持ってきて直ちにゴミを吸いとってくれますので、大変便利な代物で