寝室にはコルクのフローリングが良いと聞きましたがどうですか?

寝室にはコルクのフローリングが良いと聞きました。一般的には木製のフローリングが多いですが、たまにカーペットの住宅もあるかもしれません。木製フローリングと言っても無垢材や合板、表面が薄いプリント化粧の床もあります。

コルク床の寝室なんて正直なところそれほど豪華に見えないのが心情です。しかし、ヨーロッパで普及しつつある最新のコルクは木製フローリングに真に匹敵する商品もあります。

スポンサーリンク

コルクフローリングと木製フローリング

コルクフローリングの自然な色、パターン、シェーディングはとても素晴らしいものです。

審美的な魅力をもって、利便性を得て、ほとんどのフロアカバーオプションには利便性が要求されます。ダークコルクの床は、暖かみのある自然な印象を持ち自然な木の床と変わらない外観をもたらすでしょう。

天然コルクの自然な色調と配色は、他の硬材をベースにした床材と比較することができます。
実際にベッドルームの床としてカーペットやラグを選択したり、コルクを選択することができます。

コルク床を選んだからといって、あなたの寝室のインテリアに及ぼす影響を気にする必要はありません。 コルクはカビ、ホコリ、ダニ、湿度、刺激物に対してとても有効な床材でなのですから。

コルク床の寝室使用での望ましい特性

参照:https://kitchendecorium.ru

コルクフローリングを寝室内で使用する場合の望ましい特性を説明します。

素材

皆さんは寝室ではスリッパや素足で過ごされていると思います。

コルク素材の床は非常に柔らかく、カーペットを踏んだりクッションしたりと同じように感じます。使用されるコルクタイルまたはシートの素材が厚いほど、柔らかく感じられます。

健全な吸収

コルクの床は、夜中に歩いても隣で眠っているパートナーを起こすことはありません。歩行音は静かで騒がしくもありません。また周囲の騒音を抑え、空間が静かで平和なままであることを確実にします。

環境にやさしい

コルクは、コルク樫として知られている樹皮から収穫された完全に天然の物質です。これらの木は自然に地中海の中や周辺で生育し、コルクの生産のために特別に栽培されています。

常緑の種で樹皮の抽出は樹木に害を及ぼさず、毎年絶え間なく収穫することができます。それは、コルクが地球の生分解性で完全に再生可能な製品であることを意味します。

コルク樫の説明はこちらから↓

寝室に向くコルク床の仕様

参照:https://www.thespruce.com

コルクの床材と言っても沢山の商品や仕様・色があります。その中で寝室に向くコルクの床はどういったものなのでしょうか。

コルクは一般的に、淡い茶色から濃い茶色の色調までの自然な色調の商品が一般的ですが、表面に白や黒なのに色付けされた物もあります。

そのどれもが柔らかな自然な色の感触は、本質的に土のような雰囲気を持っているため、寝室で特に魅力的に映り安らぎを感じされます。

コルクタイル

ベッドルームの床は一般的に標準のコルクタイルサイズで利用できます。これらは様々な厚さで、より厚いタイルはより耐久性があり耐摩耗性があります。

コルクタイルは事前にシールすることができます。またワックスやプライマーで磨くことができるような仕上げにすることもできます。

コルクシート

コルクカーペットとしても知られていますが、コルクシートはタイルよりも扱いが難しいです。

コンポジットコルク

比較的新しいコルク素材を使用したフローリング材です。

合成コルクやハイブリッドコルクと読んでおり、表面をPVCなどのビニールで中間層にコルク材やHDFなどの基材でサンドイッチされ製造たされた床材です。

参照:https://amorimcorkcomposites.com

このコンポジットコルクフローリングは、天然材料よりも強度・弾力性がありテクスチャ的に表面のPVCにより様々な色・柄・エンボス加工等の仕上げが可能です。

現在ヨーロッパで急速に普及しているコルク床はこちらになります。

コルク床のベッドルーム施工について

参照:http://www.elmueble.com/

コルクを床に施工する場合は、床下に釘付けされた平らな乾燥した合板シート上に設置する必要があります。

接着剤の性質上、床下暖房システム上に置くことができません。タイルが反ったり剥がれたりする原因になります。

コルクは設置の前に室内の温度に合わせるために、材料を少なくとも48時間は放置しておく必要があります。(いきなり貼ってしまうと温度・湿度差によって施工後伸縮することがあります)

コルクタイルでもシートでも、メーカー推奨の接着剤を使用してコルクを取り付ける必要があります。最近はほとんどの場合有機接着剤を使用することができます。マテリアルをレイアウトするときに、部屋の端に拡張ギャップを残す必要はありません。

コルク自体はサイズをカットするのが比較的簡単で、場合によっては対照的なコルク色の使用でアクセントのある魅力的なデザインを作ることができます。

ケアとメンテナンス

ベッドルームは湿気が少なく歩行量の少ない環境なので、コルク床を維持するために多くことを行う必要はありません。しかし、最高の状態を保つためには、基本的な手順がいくつかあります。

設置後

初期設置後は、シーリング剤を汚れや水分から保護するために床に塗布する必要があります。接着剤が完全に乾燥するまで48時間待ってから、ポリウレタンまたはポリマーシーラーのいずれかのコートを床の表面に塗布するといいでしょう。

あらかじめシールされたコルクの場合は、タイルまたはシート間の接合部を保護するために、単一のコートを塗るだけで済みます。

シールされていないコルクフロアーでは、3つまたは4つのコートを塗布して、各塗布の間に乾燥させることができます。

開封されていないコルクフローリングもワックスで磨かれて、きれいな仕上がりになります。

メンテナンス

あなたのコルクの寝室の床を維持することの最も重要な部分は、それが汚れや、破片、小さな粒子がないようにメンテナンスすることです。

これらのざらつき要素を防ぐには床を定期的に掃除する必要があり、磨耗や破損に気がついたときは定期的にシールを再塗布すればコルク床の耐久性は伸びます。