米麹の甘酒をまとめ買いしたのでその効果と感想をまとめてみた

amazake-kokki-1

米麹の「甘酒」が健康志向の女性を中心に売れているらしいのですが、通販サイトの口コミを参考に福岡県の酒造メーカー篠崎の「国菊」をまとめ買いしてみました。

この「国菊」はアマゾンで「甘酒」と検索すると、結構はじめの方にでてくる甘酒のブランドです。

今、甘酒が女性を中心に大ブームとなっているらしく、2015年10月~2016年9月の市場規模は117億円で、この4年間で3倍近くになったそうです。

最近のテレビでの

「林修の今でしょ講座で甘酒特集!肌荒れ&クマ改善・免疫力アップってすごい」などで甘酒特集などと口コミで一気に健康食品として注目される存在になったようです。

甘酒と言えば、田舎の祖母が作っていた記憶があります。

冬場に小さめな鍋に蒸した米と米麹を入れて、コタツの中で発酵させていたような記憶が。

ブームに乗っかるタイプなので早速購入。

飲んだ感想と効果を書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




甘酒の種類と効果

Google検索で「甘酒/効果」と検索すると様々な口コミが表示されますので、真偽は別として代表的なものをまとめました。

甘酒と言っても2種類ありがあります。

①酒粕をお湯で溶かし砂糖などを加えて作るものと、

②米と米麹を発酵熟成させて作るものがあります。

①の甘酒は、初詣で振舞われるアルコール感のある酒粕ベースの甘酒で、それほどは甘くありません。

②方法は米を発酵・熟成させそのでんぷんが分解されてブドウ糖となるため、砂糖を入れなくても甘くなります。

アルコールも入っていませんので小さいお子様にも安心して飲ませられます。

そして、健康維持・健康増進ということであれば、砂糖を添加していない後者②の購入を考えますが、酒粕で作る甘酒よりも手間がかかるため値段が高いことがネックですね。

甘酒に含まれる栄養素には「アミノ酸、ビタミンB1、B2、B6」などがあるので、甘酒は飲む点滴ともいわれているようです。

そして、アミノ酸のGABA(ギャバ)とビタミンB群のパンテトン酸には、ストレスや疲れを解消してくれる物質です。

それ以外にも、「美肌効果」「保湿効果」や「整腸作用」「便秘解消効果」「育毛効果」なども。

上記にあげた効果は、あくまでもネットのクチコミやキュレーションサイトの情報なので、真には受け取らないで気休め程度で参考にしてくださいね。

甘酒「国菊」の感想とまとめ

amazake-kokki-2

では、どのメーカーの甘酒を買ったかというと、やはり通販サイトのクチコミで1番人気の「国菊 あまざけ」900ml(希望小売価格)713円にしました。

「国菊 あまざけ」は福岡県朝倉市の老舗蔵元である篠崎が作っていて、2008年モンドセレクションのダイエット食品&健康食品部門で金賞を受賞しているそうです。

amazonの口コミでも高評価のものが多く、5本まとめて購入してしまいました。(近所のスーパーでは売ってなくて)

お米と米麹で発酵させて作るタイプの甘酒なので、無添加、砂糖不使用、ノンアルコールです。

飲んだ感想は、飲みやすく、とてもおいしい。

砂糖不使用なので変な甘さもなくスッキリ飲めます。

ただ、特別な風味・飲み心地はなく、味は普通の甘酒といった感じです。

甘酒は冷蔵庫で冷やしても飲んでもいいし、電子レンジで温めて飲んでもいいと思います。

それと、コップに注ぐときはビンの底に成分が溜まっているので、瓶をよく振ってから甘酒を注いでください。

そして美味しいからと言ってがぶがぶ飲むのはダメです。

健康によい飲む量は、1日に150ml~200ml位までだそうです。

amazake-kokki-3

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」

過度の飲用はいけません。

砂糖不使用なので糖質が低いかと思いがちですが、原料の米麹自体が糖質が高いのです。

栄養成分表には、100ml 中、110キリカロリーで炭水化物は25.4グラムありますので食パン1枚と同じぐらいでしょうか?

健康のために飲んでいるところが逆に太って不健康になったりして。

私は、仕事から疲れて帰ってきた時や、夏バテで食事が喉を通らない場合に、およそ100mlをモルトグラスできゅ~と飲んでいます。

そして、甘酒を飲んだ時はデザートはおあずけにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク